その通販サイトはちゃんとしたお店(会社)ですか?

お店の連絡先がちゃんと表記されていますか?
具体的には、お店を経営している企業名や責任者の氏名、連絡先の電話番号・住所・メールアドレスが記載されているかを確認してください。
返品や交換などの条件はきちんと書かれていますか?

これらの情報は、 「運営者情報」や、「特定商取引法に基づく表記」などのページに書かれているので、必ず確認しておきましょう。
逆に言うと、これらの情報を表記していないショップは不安です。

 

その通販サイトは新しい情報が掲載されていますか?

そのショップのホームページは頻繁に更新されていますか?
そこで商売をしているわけですから、当然のことホームページを、2週間も3週間も放置したりするはずがありません。
目安としては、1週間以内に更新があるかないかをチェックしましょう。
頻繁に更新しているショップは、管理が行き届いている証拠です。「新着情報」などのコーナーを見てみてください。

 

わからない点は問い合わせしましょう

商品や購入方法などについてわからないことがあれば、ショップにメールや電話で問い合わせをしてみましょう。
問い合わせの返答や返答までの素早さなどで、ショップの対応の良し悪しもわかります。
わからないまま買って、後でトラブルになるよりは、少し時間はかかっても問い合わせした方がいいです。

 

支払い方法は?

あなたの希望する支払い方法は用意されていますか?
支払い方法の種類についてはこちら
また、クレジットカード決済やコンビニ決済の決済方法は、ショップがクレジットカード会社などの審査を通過している事が導入の前提となっています。
ですから、その決済方法を持っているショップは、ちゃんとした審査を通過した会社ということで、安心度は高くなります。
ただし、クレジット決済や、コンビニ決済がないからといって、信用できないショップであるという訳ではありませんのであしからず。

 

全部でいくらお金が必要ですか?

商品を購入する際には、商品代金以外に送料や代金引換手数料などが必要になる場合があります。
購入する際には、商品の値段だけではなく、全て含めた金額で判断するといいとおもいます。

 

買う商品は間違いありませんか?

注文確定前に、もう一度注文内容を確認しましょう。
商品名と数量に間違いはありませんか?
同じ商品名でも色やサイズ、種類は大丈夫ですか?
確定前にもう一度よく確認してください。
後でわからなくならないように、注文確認画面を印刷しておくことをお勧めします。
(注文完了メールの内容を印刷でもいいと思います)

 

万が一に備えて

注文確認画面を印刷したものや、支払いの領収書、ショップから送られてくる控えなどはかならず保管しておきましょう。
万が一、何かあったときに、証明するものとなります。

 

もしトラブルに巻き込まれてしまったら?

万が一、トラブルに巻き込まれてしまった場合は、このような窓口で相談を受け付けています。

社団法人 日本通信販売協会(JADMA)
http://www.jadma.org/
通販110番
http://www.jadma.org/t110/t110_4j.html

国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/
全国の消費生活センター
http://www.kokusen.go.jp/map/